前へ
次へ

中国語学習は早道は中国へ渡ること

中国の経済的な発展はめざましく、各国の大手企業は、中国の巨大市場に向けて、支店を出すとともに、自社の社員を送り込んでいます。
もっとも、中国の現地で採用した方が人件費を抑えることができるため、支店内には現地採用の中国人が多くいます。
ただし自国の企業としては、自国国籍をもつ社員を中心に会社を回したいと思うでしょう。
そこで、自国国籍をもつ社員を中国支店に転勤や出向させることになります。
その場合、中国に向かわせる社員に中国語をマスターさせる必要があります。
中国語を早期に学習させ、習得させて現地に送り込むことになるのです。
この場合、自国にいては大した学習効果は望めないし、たとえ望めたとしても学習期間が長くなってしまいがちです。
そこで、中国現地に早めに社員を送り、中国語の勉強を現地で行うようにすると習得がはやいです。
国内にいると、勉強をするときしか中国に触れる機会がないのに対して、中国に実際に渡ってしまえば、日常生活すべてが中国語一色になるため、習得がはやいのです。

Page Top